トラリピと「長期運用」

トラリピの本質は実は長期運用?~トラリピって何?~

今回はFX投資でおなじみの投資手法トラリピについて実はその本質は長期投資にあるという事を説明していきます。FX投資と聞くと一夜にして数億稼いだというような夢のような話や逆に一夜のうちに全財産を溶かしたというような地獄のような話までどちらかと言えば派手なイメージが印象に残っている方も多いのではないでしょうか?

実際にそこまでのリスクは置かせないという事で取引自体に踏み込めない方もいますがそもそも極端な投資手法や勝ち負けがマスコミやメディアで騒がれており、それによって踊らされているというのが実態です。では、FXの中でも今や勝てる手法として人気を集めているトラリピはどのように運用をしていけば良いのでしょうか?今回はそんなトラリピの本来あるべき投資手法について言及していきます。

手始めにそもそもトラリピって何?という方のために簡単にトラリピについて説明をします。これは、買いと売りのタイミングを決めて自動売買によって売買を繰り返すリピートイフダンという取引を罠を仕掛けるように幾重にも張り巡らせることからトラップリピートイフダン、略してトラリピと名付けられた取引手法になります。特に時間がなくてあまり投資に対して時間をかけられないような人にとっては有効に自分の資産を増やしていける投資手法として今注目を集めています。

トラリピの本質は実は長期運用?~なぜFXなのに長期運用なの?~

今回トラリピは長期運用が本質であると明言をしていますが、なぜそんな事が言えるのかと言えば企業の投信運用方針にそのように書かれているからです。一部を抜粋すると、「マネースクエアは、取引に時間をかけず、ミドルリスク・ミドルリターンを取り入れた中長期的な資産形成を目指すお客様層に対して、(中略)より豊かな社会を創造する」と明確に中長期的な取引が中心である事を提示しています。商品自体を開発した会社の方針が長期で行う取引を前提としているのであれば、やはり運用者自体もそもそも長期的な視点を持って運用するべきです。

また、これも企業の公式サイトに明記されていますが、トラリピは大きく張って勝つのではなく、小さくコツコツと勝ちを積み重ねていき最終的な総推移数で利益を狙うと記述があります。つまり、明確にデイトレードのような一夜にして勝つ手法ではなく長く運用していく中で得た積み重ねの勝ちで最終的に利益を出すという方針が敷かれています。そうすることで一攫千金はありませんが、大きく負ける事もなく息の長い運用をしていく事が出来ます。しかも、ロボットによる自動売買ですから投資家個人の感情が移入する心配もありません。

トラリピの本質は実は長期運用?~間違ったFXに対する考え方~

一般的にFXのような一瞬にして資産の価値が上下動するような市場では誰かが設けたら誰かが負けるゼロサムゲームが成り立っています。株式投資や投資信託のようなこれから伸びそうな企業に対して自分が持っている資金を各自が持ち寄ってその企業が上手くいったら配当を受け取るようないわゆる投資と呼ばれるものとは異なり、この世界では投機と分類される事が多いです。

つまり、何も知らずにこの世界に入って訳も分からぬまま取引を始めれば間違いなくそれはギャンブルと言えるでしょう。運よく一夜にして大金持ちになる事も出来るかもしれませんが、一方で一夜にして再起不能になる事も容易です。そのためキチンとした知識を得るか、もしくは確率されたノウハウを基に取引を進める必要があります。

そしてその取引手法の1つがトラリピなわけですが、トラリピの本質はさきほど来お伝えしているように長期的な取引が前提となっています。そして、FX投資において長期的な投資を可能にする唯一の守るべきポイントはロスカットされないことです。ロスカットとは企業ごとに定められたこれ以上は負けてしまうと危険と判断された水準で強制的に取引が終了され決済される仕組みです。それ以上の負けもなくなりますが、一方で負けが確定される仕組みです。

最低投資金額が比較的高いFXにおいては一度ロスカットされる事は人によっては市場へしばらく戻ってこれないことを意味します。よってロスカットだけは絶対にされない設定をしておく事が必須です。

トラリピの本質は実は長期運用?~長期投資が向いている人~

ここまでの説明でトラリピの運用が本質的には長期投資にある事についてはご理解いただけたかと思います。ここからはそもそも長期投資に向いている人がどんな人かについて紹介していきます。

  • 負けたくない人
    前提条件は負けたくない人です。数十万円の負けは良いからとにかく大きく勝ちたいという人は正直トラリピの取引は向いていないので他の取引手法を試した方が良いでしょう。あくまでも自分の苦労して手に入れたお金を大事に大事に運用していきたいというタイプの人が向いています。
  • 規則的な人
    トラリピの取引は何か派手なことをするわけではありません。一定の法則に従って売りと買いを繰り返すといういたって地味な取引です。もちろんそれを機械がやるわけですから人が介入する余地はないわけですが、そういった規則的な動きがむずがゆいという人にとっては向いていないでしょう。
  • 良い意味で無関心
    基本的に一度設定をすれば後は自動取引になります。つまり、ほとんど人が介入する余地はないわけです。もちろん定期的にメンテナンスは入れた方が良いですが、むしろ良い意味で投資に対して無関心で最初の設定さえしたら後は自由に取引が進むのが気持ち的に楽という人の方が向いています。
  • 本業に目が向いている
    正直、FXを本業として稼ぐのはリスクが高いと言えます。いつお金が入ってくるのか、今月は果たしてキチンと生活費を賄えるのか気にしていたら生活どころではありません。むしろ本業にしっかりと目が向いていてFX投資はおまけくらいに考えられる人の方が気持ち的にも余裕があるので無理な投資をする事もなく結果的に安定的な結果を出すことが出来ます。
  • 長期的な視点で投資を考えている
    今回の記事のテーマでもありますが、やはりここにつきます。一攫千金を狙いたいのであれば少なくとも同じFXでもトラリピの運用は向かないでしょう。腰を据えて長期的な視点で取引をしようという人でなければ向いていません。

トラリピの本質は実は長期運用?~トラリピ最強の通貨ペアは?~

最後にトラリピにおけるオススメ通貨ペアを紹介します。基本的にはカナダドル/円のペアか豪ドル/円のペアが最強です。この2つのペアは非常に似た動きを見せており、いずれも自国の経済が安定的に推移をしているため為替の変動も予測が立てやすいです。他の通貨ペアに比べるとマネースクエアが掲げているミドルリスク・ミドルリターンがより実現しやすい通貨ペアです。

このどちらかのペアを選択したうえで、ロスカットが起こらないような価格設定を行う事で長期おいて着実に利益を積み重ねる事が出来る可能性が高くなります。その他にもオススメ通貨ペアとして英ポンド/円というものもありますが、こちらは値動きが激しくロスカットをしないように価格設定をしようとするとかなり広く値幅を設定しなければいけないため中級者以上でないと使いこなせないでしょう。まずは、カナダドルもしくは豪ドルの円とのペアが確実に利益を着実に積み重ねていきましょう。

Author Information-トラリピ・ラボとは

トラリピ・ラボ
トラリピ情報専門メディア、トラリピ・ラボ。
トラリピに関する専門情報を、ご提供して参ります。

メディア掲載(※一部。順不同。)
・財経新聞
・東京ビューティー
・朝日新聞デジタル&M
・徳島新聞Web
・とれまがニュース
・ZAKZAK
・SANSPO.COM
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・Mapionニュース
・Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・トレンドタイムス