トラリピと、CMについて

マネ―スクエアは、トラリピを使った資産運用を促すcmを作成しています。cmのイメージキャラクターには元新体操選手で現在はスポーツタレントの畠山愛理さんを起用し、認知拡大とイメージの向上を図ろうとしています。そこでトラリピのcmについて検討してみます。

トラリピのcmを打ち出してさらなる顧客獲得を目指す

マネ―スクエアはトラリピで有名な会社ですが、まだ会社のことやサービスについて知らない人がたくさんいます。そもそも投資や資産運用に興味がない人は、マネ―スクエアやトラリピのことを一切知らなくてもしかたありません。ただ知らない人がたくさんいるということは、それだけ顧客獲得の余地があります。そこでマネースクエアはトラリピのcmを作成し、マネ―スクウェアやトラリピについて広く知ってもらおうとピーアール活動を行っています。

こうしたcmを作成して打ち出すなどピーアール活動が活発している背景には、世間の人の投資への関心が高まっていることが無関係とは言い切れません。定期預金等でコンスタントに貯蓄をすることだけが資産運用ではないと考えられるようになってきていますので、投資に興味を持つ人がだいぶ増えてきました。ただ興味は持っていてもどうやって投資をすれば良いのかわからない、初心者だから投資の知識がほとんどないという人もいます。そんなまだ投資に興味を持ち始めたばかりの人にぴったりなのが、マネースクエアのfxのトラリピです。

トラリピは設定をしたら後はそのまま何か特別なことをしなくても売買が行われますから、投資のために何時間も時間を使ったりしません。つまり投資のプロではなくても、トラリピを利用することで投資がとても簡単に始められます。fxでトラリピをすれば必ず儲かると決まっているわけではないですから、そこは勘違いしてはいけません。ですが従来の投資と比べて初心者がやりやすいのは否定できない事実で初心者向けの自動売買ツールだからこそ、ここぞとばかりにトラリピのcmが作成されたと考えられます。

もしも投資に興味を持ち始めた人がトラリピのcmを見たら「この自動売買なら投資の難しいことがわからなくてもすぐに取り組めそう」と、前向きな印象を抱いておかしくありません。cmのイメージキャラクターは親しみが持てる畠山愛理さんですし、老若男女を問わず関心を持ちやすいです。さらなる顧客獲得を果たすため、トラリピのcmが放映されています。

トラリピのcmを見れば調べたくなる

投資にまったく無関心で興味がない人は、トラリピのcmを見てもピンとはこないかもしれません。ですが投資、fx、資産運用、自動売買などのキーワードに少しでも関心がある人は、トラリピのcmを見て「どんなサービス何だろう」と思うはずです。そうして関心を寄せてもらうのがトラリピのcmの狙いですが、興味を持って調べてもらえばそのままトラリピを始める可能性がありますよね。

トラリピのcmでは、ブラウン色の背景の中イメージキャラクターの畠山愛理さんが演技を行います。さすが元新体操選手だけあり、演技は軽やかでなおかつ華麗です。1分にも満たない長さのcmですが、人を惹きつけるには十分なインパクトがあります。そのcmを目にしてなおかつ投資に関心がある人なら、トラリピについてもっと知りたくなります。調べたうえでやるのかやらないのかは、その人の考え方次第です。調べてやらない選択をする人も、もちろんいておかしくありません。ただそうしてトラリピに対して関心を寄せてもらったり調べてもらえるなら、抜群のcm効果があるということです。まだトラリピをよく知らない人の興味を惹きつけられます。

トラリピの特徴がcmでわかる

cmのパターンにもよりますが、少し長めのcmはトラリピの特徴が短時間でわかるような構成になっています。トラリピとはトラップリピートイフダンの略称ですが、そのトラリピにどんな特徴があるのかcmで説明していますよ。買いと売りの設定をしておけば、後はシステムが自動で売買を繰り返してくれます。相場の流れをつかんで売買をリピートしていけば、その分利益を積み上げることが可能ですよね。

実際の相場はどうなるのかわからない側面があるものの、狙い通りになれば大して労力をかけずして利益を出せます。それがトラリピ最大の魅力ともいわれていますが、トラリピのcmを見ればその仕組みが簡略化されていますがわかるようになっています。

そのcmを一目見ただけでは、トラリピの特徴を完全に把握することは難しいかもしれません。ただもともと投資をやっていたり理解力に優れる人なら、cmを見ただけでどんな特徴がある投資なのかすぐに理解できたとしてもおかしくはないです。トラリピのcmは全体的なイメージアップを重視させているのは確かですが、時間が長めのcmは同時にトラリピの特徴もわかるようになっています。cmで特徴が少しでもわかれば、さらに興味を持ちやすいですよね。

トラリピのcmはネットを使って見られる

トラリピのcmは、ネットを使えば全パターンを見ることができます。有名動画投稿サイトのyoutubeでは、マネ―スクエアのチャンネルから自由に見られます。もしもトラリピのcmをじっくりと見たい、あるいは繰り返してみたいと思ったらネットを使って動画を検索すればcmをしっかりと見られます。

もうすでにトラリピについて熟知しているなら、cmは1度サッと見ればokなのかもしれません。ですがまだトラリピについての知識が浅かったり投資そのものについても勉強中の人は、cmを何度か繰り返しじっくり見るとトラリピについて少しずつわかってきます。ネットの動画なら制限なくいつでも見られますから、もしもトラリピのcmに興味を持ったらネットでcmを見るのがおすすめです。

今はネットに接続するのが日常的になっていますし、普段からyoutubeを使っている人なら容易いはずです。またトラリピのcmを見てもっとトラリピへの理解を深めたいと思った人は、トラリピについてネットで調べてみるといいかもしれません。トラリピのcmやトラリピに関する情報は、ネットなら簡単に探し出せます。

トラリピのcmで投資へのイメージが軟化

投資に対して難しそうだとイメージしていた人は、トラリピのcmを見ればイメージが変わっておかしくありません。イメージが軟化し、自分にもできそうだと思えておかしくないです。投資への壁の高さを感じてしまっている人は、そう気軽には投資を始められないですよね。投資のことをほとんど知らない投資初心者が投資を始めていいものかどうか、どうしても迷ってしまいます。

ただトラリピのcmを見れば投資に詳しくなくてもできそうだと思えてきますし、イメージが軟化するのは間違いないです。マネースクエアとしても投資にあまりにも難解なイメージを持たれてしまうのは困りますので、投資へのイメージを軟化させて変えられるようなcmにした一面があるはずです。今は投資に取り組むのがプロだけとは限らないですし、トラリピの場合はまさしく投資をまだやったことのない人向けです。

投資ですから損失が出る可能性はあるものの、損失リスクさえしっかり把握しているならとりあえず始めてみるのは悪くありません。トラリピのcmで投資へのイメージが軟化していけば、誰もがトラリピを始めやすくなりますよね。


関連記事:
トラリピとは?サラリーマン投資家が失敗を避けるための備忘録&ループイフダンとの比較も。

Author Information-トラリピ・ラボとは

トラリピ・ラボ
トラリピ情報専門メディア、トラリピ・ラボ。
トラリピに関する専門情報を、ご提供して参ります。

メディア掲載(※一部。順不同。)
・財経新聞
・東京ビューティー
・朝日新聞デジタル&M
・徳島新聞Web
・とれまがニュース
・ZAKZAK
・SANSPO.COM
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・Mapionニュース
・Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・トレンドタイムス