トラリピの申し込み関連手続きについて

FXのリピート系自動売買ツールを代表するものと言えば、間違いなく「トラリピ」です。トラリピを使った投資を行うには、まず始めにトラリピを提供しているマネースクエアに口座開設を申し込み、開設したトラリピ口座に投資金を入金しなければなりません。口座の開設における費用や維持費などは一切必要ありません。

トラリピ口座の申し込み方法

トラリピ口座の申し込みはマネースクエアの公式サイトにアクセスし、「口座開設はこちら」をクリックします。続いて、「FX・個人口座の開設はこちら」をクリックすると、「マネースクエアFX口座のお申込み」ページが開きます。

必要事項の入力

以下の項目に順次入力していきます。

  1. お名前・ご住所等
    氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、メールアドレスなどを入力します。
  2. 海外との関係に関する情報
    米国への納税義務や、外国での公的地位に就いているかなどを確認されます。
  3. 特定取引を行う物の届出書
    「住所」や「居住地国」が日本のみであるか確認されます(海外在住の人は口座を開設できません)。
  4. ご職業に関する情報
    会社員か自営業か、アルバイトなのかなどを確認されます。会社員の場合は勤務先名と勤務先電話番号を記入します。また、FXや証券取引に制限のある職業でないことを確認されます。
  5. マネースクエアFX口座から出金するときのお客様の金融機関情報
    金融機関名や口座名義、口座番号、預金種類などを入力します。入金はどの銀行口座からでもでき、登録口座を後で変更することも可能です。
  6. 投資経験等に関する情報
    収入形態(給与、事業、年金、配当など)や年収、金融資産額、資金の内容(余裕資金、退職金など)、投資経験の有無、投資目的(為替差益重視、スワップ収益重視など)、投資期間(中期、長期など)などを入力します。
    マネースクエアによる審査はありますが、消費者金融などとは違って貸付を行うわけではないので、審査の基準は厳しくありません。従って、年収などの金額を心配する必要はありません。なお、キャンペーンコードという記入欄がありますが、友達紹介などのキャンペーンに使うためのものなので、空欄で構いません。
  7. 要性の確認
    FX取引におけるシステムや注意事項、禁止事項などが一覧で記載されています。全ての事項の「同意・承諾します」にチェックを入れないと、次に進めません。
  8. リスクの確認
    FX取引におけるリスクが項目ごとに説明されています。全ての項目の「はい」にチェックを入れます。

最後に、「入力内容の確認のページへ」をクリックします。入力内容に間違いが無ければ、「確認」にチェックを入れて「申し込む」をクリックします。

本人確認書類の提出

事前に本人確認書類をスマホで写真に撮り、画像を保存しておきます。登録したメールアドレスにマネースクエアから「書類ご提出のお願い」というメールが送られてきます。メールに記載されているURLをクリックし、ログイン画面を開きます。

以下の手順で本人確認書類を提出します。

  1. ログイン画面で、「ログインID」(メールに記載されているログインID)とパスワード(生年月日)を入力し、「ログイン」をクリックします。
  2. 確認書類のアップロード画面が表示されるので、保存してある画像ファイルを選択し、個人情報規約の同意にチェックを入れ、「アップロード」をクリックします。
  3. 確認メッセージが出るので「OK」をクリックします。
  4. アップロードした画像が表示されるので、メニューから確認書類の種類を選択します(複数枚の場合は全て選択します)。
  5. 選択が終わったら、「確定」をクリックします。
  6. 確認メッセージの画面で、「OK」をクリックします。

これで本人確認書類の提出が完了です。

本人確認書類の提出は書類のコピーの郵送でも可能です。本人確認書類として提出するのは以下の3点の内のどれかになります。

  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 通知カード&以下の内の1つ(写真付き)を一緒に提出
    (運転免許証、運転経歴証明書、パスポートなど)
    写真付きの証明書が無い場合は、以下の内の1つを一緒に提出
    (健康保険証、印鑑登録証明書、住民票)
  • 個人番号の記載された住民票&以下の内の1つを一緒に提出
    (運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、健康保険証、印鑑登録証明書など)

審査・ID番号の発行

上記の手続きが終了すると、審査が行われます。審査は通常3~5営業日がかかります。審査が終わるとIDや仮パスワードなどの記載された手紙が送付されてくるので、それを入力するとトラリピのマイページにログインできます。

トラリピ口座への入金の申し込み

トラリピを始めるには、トラリピ口座に投資金を入金しなければなりません。
入金方法には以下の2通りがあります。

  1. クイック入金
  2. 銀行振込

クイック入金と銀行振込では以下の違いがあります(左:クイック入金/右:銀行振込)

  • 手数料:無料/自己負担
  • トラリピ口座への反映:即時/1~2時間後

クイック入金に対応している銀行は以下になります(インターネットバンキングの契約が必要)。
ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、りそな銀行、イオン銀行

銀行振込の場合はどの銀行でも構いません。特段の理由が無い限り、手数料が無料で、即時に口座に反映されるクイック入金の方が得策です。

クイック入金の手順(パソコン)

  1. マネースクエアのサイトにアクセスします。
  2. 右上にある「M2JFXログイン」をクリックします。
  3. ログインページの画面で、IDとパスワードを入力してマイページにログインします(初期のIDとパスワードは、口座開設時に送られてきた手紙に記載されています)。
  4. マイページにある「トレードログイン」をクリックすると、トレード画面が開きます。
  5. メニューにある「入出金管理」をクリックし、次に「クイック入金」をクリックします。
  6. クイック入金の画面で、表示される金融機関から口座を保有している金融機関を選択し、入金する金額を入力します(入金は1万円以上)。入力したら「次へ」をクリックします。
  7. 指定した金融機関のページに転移します(処理の仕方はどの銀行でもほとんど変わりはありません)。
  8. 「クイック入金手続きへ」をクリックします。
  9. 金額を入力し、振込を実行して入金が完了です。

なお、入金後は必ず「取引画面へ戻る」をクリックしないと、即時でのトラリピ口座への反映ができません。取引画面に戻って口座状況を確認すると、「現金残高」のところに入金した金額が反映されています。

銀行振込で入金の手順(パソコン)

上記1)~4)の手順はクイック入金と変わりません。
その後、下記の操作が必要です。

  • メニューにある「商品・サポート」をクリックし、「M2Jへのお振込先」をクリックします。
  • 「M2Jへのお振込先」の画面が表示されるので、銀行名、支店名、預金種類、口座番号を入力します。

銀行営業時間内であれば、通常1~2時間でトレード画面に反映されます。入金が完了すると、取引トップ画面に入金した金額が反映されています。

クイック入金の手順(スマホアプリ)

スマホアプリからもクイック入金ができます。

  1. アプリのトップ画面にある「三(メニュー)」から、「入出金管理」をタップします。
  2. 続いて、「クイック入金」をタップします。
  3. 金融機関と入金額を入力し、「次へ」をタップします。
  4. 金融機関のページへ転移するので、ページの指示に従って入金を実行します。
  5. 入金が完了すると、アプリ上の「現金」に入金額が反映されます。

Author Information-トラリピ・ラボとは

トラリピ・ラボ
トラリピ情報専門メディア、トラリピ・ラボ。
トラリピに関する専門情報を、ご提供して参ります。

メディア掲載(※一部。順不同。)
・財経新聞
・東京ビューティー
・朝日新聞デジタル&M
・徳島新聞Web
・とれまがニュース
・ZAKZAK
・SANSPO.COM
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・Mapionニュース
・Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・トレンドタイムス