トラリピの実績について(実績ある設定の探し方含む)

トラリピは実績から見ると?

トラリピとはどのようなサービスであるのかと言いますと外国為替証拠金取引の自動売買ツール、システムということになります。マネースクエアが提供するものであり、FXの自動発注機能となります。トラリピとは一体どのような意味があるのかと言いますとそれはトラップ・リピート。イフダンの略称となります。イフダン、つまりは新規注文と決済注文をワンセットにして発注、リピートイフダンはイフダン注文を繰り返していく、トラップリピートイフダン注文はリピートイフダン注文を等間隔に複数仕掛けていくというようなやり方になります。決められた2幅の中でいくつもの新規の注文と決済の注文を指値で一気に注文をしていて相場が動くと次々に約定が行われていてそれを繰り返していくということになるやり方、仕組みということになります。それなりに実績を高く積んでいるということは間違いないのでかなり人気にはなっていますが重要なポイントとしてあるのはその狙った値幅というのはあくまで自分で設定するということです。つまりは、その設定こそが成功するかどうかに大きく影響していることになりますのでまずはそこから考えなければ実績がどうこうということはなかなか一概に言えることではないので注意しておきましょう。

トラリピで実績がある設定を探すには

トラリピはどのような設定でリピートを繰り返していくのかということで思いっきり成功の比率が変わってくることになります。ではそのような設定というのはどのように考えるべきであるのかということからまずは知っておかなければならないということになるでしょう。まずリスクを基本的には避けていくということがトラリピニモを止められることになります。設定をすることに関してはそこまで難しいことではありませんのでその点はそこまで大変なことではないでしょう。では、どんなことを設定できるのか、ということですが仕掛けるレンジ幅とか注文金額とかトラップ本数などになります。設定しておき後は放置して大丈夫ということになります。しかしどのような設定にするべきであるのかということがやはりわからないということがあるわけでそういう設定をどのように判断するのかということですが、実はこうした設定でやっています、ということを色々とブログで公開しているような人たちというのがたくさんいます。もちろん、一人一人、どうしても資金力が違うことになりますし、どのくらいのリスクを自分も負うことができるのかというのも違うわけですから丸々真似たところで全く同じ成果が出るというわけではないのですが、それでも参考にする価値は十分にあるといえるでしょう。トラリピというのは設定が命であるといいますから基本的には自分でよく考えて理解しておくということも重要ではありますが、人の成功体験をそのままトレースするというようなこともできなくはないのが魅力的なところであると言えるでしょう。

トラリピの実績は実際にどのくらい?

FX取引というのは基本的に8割くらいの人が負けると言われているものではあるのですがそんな中でもトラリピは利用者の6割くらいが勝っていると言われているデータがあるくらいに勝率が高いものになります。トラリピを使うことによって誰でも簡単に勝てるというような類のものではなく、きちんと設定を行うことによってうまく活用に導くことができる可能性が高くなる、ということであるのを理解しておきましょう。注意しなければならないこととしてあるのはあくまでリスク管理に関しては自分で行うことということです。外国為替証拠金取引全般に言えることですがリスクを高く取ればリターンも高くなるということにはなります。しかし、トラリピの基本というのは細かく繰り返して注文をするということになって利益を積み重ねていくというところに意味があるわけです。だからこそトラリピというのは設定が第一、命と言っても過言ではないものになります。可能な限りリスクは避けた方が良いです。どうしてもリターンが少なくなりますがトラリピでもリスクを下げて取引ができるということができれば最も良いことと言えるでしょう。利益率は下がることになりますが具体的なやり方としては1本あたりの通貨単位を細分化していくようにしましょう。そして本数を増やすようにしましょう。レンジを広げるようにしましょう。

トラリピの実績を高めるように

基本的に取られては実績を積み上げていくということがかなり得意なものではあります。しかしながら、一度に多くの実績ことはしないほうがよいでしょう。トラリピの実績というのはかなり良いものではあるわけですがそれは設定によって違うということになります。トラリピの実績を高めることができるような設定を見つけ出すということがまず第一の目標にあると言えるでしょう。実績を高めるためにはどのようなことを考えるべきだということになりますが実はスワップ狙いもかなりお勧めできるようになります。リスクを考えますと値幅広めにするというのはなかなか厳しいことではありますが、スワップ狙いではそれがよいでしょう。それと資金に余裕を持つのは必須となります。実績を高めようということは間違いないわけですが少しでも自分の利益になるような設定を心がけるということがトラリピにおけるとても重要なことになるわけですから一度決めた設定をずっと使わなければならないと考えないようにしましょう。つまりは、臨機応変に設定を変えていくということがとても重要なことになります。

トラリピで実績が出来たら

色々な設定でトラリピでは取引をしていくということが出来るわけですが、まず基本的に考えるべきこととしてはリスクを低く下げてリターンも少なめになるやり方をするかリスクは多くとるがリターンも大きくするようにというようなことを考えるわけです。そういう考え方は色々としておく必要性があるわけですがリスクを大きく取ってリターンを大きくえられるということを何度も繰り返していて、その設定ができたら長く使うというのも良いですが基本的にリスクをずっと高く持ち続けるというのはリスクが大きすぎるということがありますのでそういう実績ができたとしても繰り返さないというのも一つの判断のポイントになることでしょう。逆に低リスクで低リターンではあるがそれなりの成功率で成功しているということがあったのであればその設定を使ってどんどん実績を増やしていくというような形にしておくと良いでしょう。さらにいえばそこで得た利益というのは引き出して自分の生活に使ったりなんて事はしないでそのまままた追加の投資として利用するということが大事です。そもそもこのトラリピというのは色々な設定のやり方によって自分なりの外国為替証拠金取引の自動売買の骨組みが作れるというようなところに魅力があるわけですが、基本的には繰り返して利益を出していくというようなことがリピート注文が基本ということになりますのでベストです。細かく取引をしていき、細かく利益を出していくということを続けるにしてもやはり資金力というのはかなり重要になってくるわけで、利益が出たら次の取引のためにその利益を重ねていく、つまりは複利計算のような形で資金を増やしていくということがトラリピではベストとされていますのでそういう設定を考えてそういう取引をしていくようにしましょう。


関連記事:
トラリピとは?サラリーマン投資家が失敗を避けるための備忘録&ループイフダンとの比較も。

Author Information-トラリピ・ラボとは

トラリピ・ラボ
トラリピ情報専門メディア、トラリピ・ラボ。
トラリピに関する専門情報を、ご提供して参ります。

メディア掲載(※一部。順不同。)
・財経新聞
・東京ビューティー
・朝日新聞デジタル&M
・徳島新聞Web
・とれまがニュース
・ZAKZAK
・SANSPO.COM
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・Mapionニュース
・Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・トレンドタイムス