トラリピの「FXポケトラ」の活用方法

トラリピのFXポケトラで出来ること

マネースクエアという会社が提供しているFXの自動売買ツールである「トラリピ」には専用のスマホアプリ「FXポケトラ」(Android、iPhoneに対応)があります。トラリピに登録していると、FXポケトラをインストールするだけですぐに利用できます。

FXポケトラをインストールして起動し、ログインIDとパスワードを入力してログインします(IDとパスワードはトラリピに登録した時に書留で送らてきます)。FXポケトラで利用できる主な機能としては以下などがあります。

  • 口座状況の確認
  • レートの確認
  • チャートの確認
  • マーケット情報
  • スワップカレンダー
  • ポジション一覧
  • 新規注文

トラリピのFXポケトラで口座状況の確認

FXポケトラを開くとトップページには、レートが表示されています。トップページのメニューから「口座状況」をタップすると、現在の損益状況、運用状況が表示されます。以下の項目が記載されています。

維持率

口座資金の余力が「%」で示されています。数値が大きいほど取引できる金額枠が残っていることを意味します。数値は以下の計算式で表されます。
時価残高÷証拠金必要額(ポジション分)×100

当日分スワップ

本日分の付与スワップ額(スワップポイント)が表示されます。スワップ額はすでに現金残高に反映されています。なお、土日及び通貨ペア対象国の市場が閉場している場合は反映されません。閉場明けの営業日にまとめて反映されます。

「スワップポイント」というのは、通貨間の金利の格差で出る利益のことです。簡単に言うと、金利の安い国の通貨を売って、金利の高い国の通貨を買うと、金利差分の利益が出ます。

仮に、A国の金利が1.5%で、B国の金利が0.5%だった場合、その差は1.0%あります。そこで、A国通貨を100万円分所有して銀行に預けると、1年後には15,000円の利子が付きます。

一方、B国通貨を100万円1年間銀行に預けても5,000円の利子にしかなりません。つまり、金利差分の10,000円(15,000円-5,000円)がスワップポイントの利益になります。

現金残高

入金額に為替による損益、スワップ額を加味した金額のことです。要するに、業者の口座に預けている金額になります。

口座反映前損益

決済の済んでいるポジション分で、まだ現金残高に反映されていない損益のことです。受渡し日(決済の2営業日後)になると、「口座反映前損益」から、「現金残高」に移行されます。

評価損益

現在のレートと、保有ポジションのレート(購入価格)との差額に、取引手数料を差引いて算出された損益額のことです。

時価残高

現金残高から口座反映前損益と評価損益を加減した金額です。現在保有しているポジションを全て決済した時に残る金額のことであり、現時点で取引を止めると返金される金額になります。

例えば、口座に現金残高が100万円あり、口座反映前損益に10万円、評価損益に20万円がある場合は、時価残高は130万円になります。

15時ロスカット水準

東京15時ロスカットが執行される水準のことです。ロスカットというのは、投資家の損失の拡大を防ぐため、損失額が一定の水準を超えた時に自動的に取引が決済されることです。

日本時間の15時の時点で時価残高が維持率(100%)を下回ると、東京15時ロスカットが執行されます。なお、維持率は時価残高÷証拠金必要額(ポジション分)×100という式になっていますが、これを時価残高÷東京15時ロスカット×100に置き換えることができます。

例えば、時価残高が200万円で、東京15時ロスカットが50万円の場合は、200万円÷50万円×100=400%となり、まだ余裕のあることが分かります。

ちなみに、維持率の式が時価残高÷証拠金必要額(ポジション分)×100ということは、「時価残高」を大きくするか、「証拠金必要額」を小さくすれば、維持率が高くなり、ロスカットの可能性が減ります。

時価残高を大きくするには、口座への入金を増やせばできます。一方、証拠金必要額が小さくするには、以下のことが必要です。

  1. レンジ幅を下に動かす。
  2. トラップ本数(注文本数)を減らす。
  3. 通貨量を減らす。

つまり、取引に必要な金額を少なくすることです。
例えば、1)のレンジ幅を78~82円から76~80円まで下げると購入する際の価格が安くなり、必要な証拠金が減ります。
2)のトラップ本数と3)の通貨量を減らせば、必然的に証拠金が減ります。

自動ロスカット水準

自動ロスカットが執行される水準のことです。時価残高がこの水準を下回ると自動ロスカットが執行されます。維持率は80%です。自動ロスカットと15時ロスカットの違いは、自動ロスカットが時刻に関係なく行われるということです。

証拠金必要額

保有ポジション並びに、指値などで発注されている未成立の注文に対し、証拠金として必要な金額のことです。つまり、証拠金の範囲内で取引をしているということです、

余剰残高

追加で発注可能な金額のことです。金額は以下の式で表せます。
余剰残高=時価残高-(証拠金必要額+出金予約)

出金予約

出金依頼をかけている金額です。出金依頼後、円の場合は原則銀行の2営業日後、外貨の場合は3営業日後に登録金融機関へ出金されます。

トラリピのFXポケトラでレートの確認

メニューから「レート」をタップすると、現在のレートが確認できます。各通貨ペアのAsk(買い)とBid(売り)の一覧が表示されています。L・M・Sのタブで画面の表示サイズを変えることができ、また右上の設定アイコン「⚙」をタップすると、レートの表示・非表示、表示順番の変更ができます。

トラリピのFXポケトラでチャートの確認

タブによって、通貨ペアと時間軸を選択することができます。時間軸は1分足、5分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足が選択可能です。

トラリピのFXポケトラでマーケット情報の確認

マーケット情報では、価格に影響の出そうなニュースがタイムリーにアップされています。レポートでは、FXの投資に役立つコラムや今後の展望などが記載されています。また、各国の経済指標がわかりやすく書かれており、自分が運用している通貨ペアの指標は一見の価値があります。

トラリピのFXポケトラでスワップカレンダーの確認

1万通貨当たり、スワップポイントをいくら受取れるか(支払うか)が分かります。

トラリピのFXポケトラでポジション一覧の確認

チャート上に数字の記載されている箇所が、現在のポジションになります(1万通貨単位、0.1は0.1万通貨)。チャート画面のポジションをタップすると、ポジションの一覧を確認できます。なお、取得価格や現在の評価損益、通貨単位も確認できるため、定期的にチェックすることが大切です。

トラリピのFXポケトラで新規注文の確認

「新規注文」をタップすると、下記の新規注文ができます。

  • らくらくトラリピ
  • トラップ、リピート、イフダン
  • 成行
  • 成行OCO
  • 指値
  • 逆指値
  • IFD(イフダン)
  • OCO(オーシーオー)
  • IFO(イフダンオーシーオー)
  • トラップトレード
  • トラップIFD(イフダン)
  • RIFD(リピートイフダン)

注文に関しては、パソコンから「らくトラ」や「らくトラ試算表」を使って自動売買を設定した方が分かりやすくて簡単です。

Author Information-トラリピ・ラボとは

トラリピ・ラボ
トラリピ情報専門メディア、トラリピ・ラボ。
トラリピに関する専門情報を、ご提供して参ります。

メディア掲載(※一部。順不同。)
・財経新聞
・東京ビューティー
・朝日新聞デジタル&M
・徳島新聞Web
・とれまがニュース
・ZAKZAK
・SANSPO.COM
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・Mapionニュース
・Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・トレンドタイムス